インドの医学・アーユルヴェーダ~その2~『それぞれの体質にあったヨガ&エクササイズ♬』~

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、近江町いちば館、崎浦公民館、円光寺教室)でヨガ教室をやっています、さちです。

 

 

前回のブログでは、アーユルヴェーダの基本、

3つのドーシャについてお伝えしました☺

前回のブログはこちらをご参照ください<(_ _)>☟

インドの医学・アーユルヴェーダ~その1~『アーユルヴェーダってなあに?』

 

 

アーユルヴェーダは、私の教室では東洋医学の知識と同じように

レッスンでお話したりすることもありますが、

『言葉くらいは聞いたことがある』という方もいらっしゃれば、

『まったく初めて聞いた』という方もいらっしゃり、まだ一般の方への認知度は低いように感じました。

アーユルヴェーダの知識は、東洋医学の知識と同様に自分に合うと感じるものは生活の中に取り入れていくと、より健やかで元気な毎日を過ごすことにとても役立ちます♬

 

 

 

では、さっそく今回は、私はヨガをお伝えしていますので、

その3つのドーシャの特徴とそれぞれのドーシャの方にあったヨガのタイプとエクササイズを

お伝えしていきます☺

ご自分のドーシャにあったエクササイズを取り入れて、元気に楽しく秋を過ごしましょう♬

 

 

【それぞれのドーシャの特徴】

 

では、さっそくそれぞれのドーシャの特徴を簡単にお伝えします☺

 

●Vata (ヴァータ)

空、のエネルギーを併せ持つ。

~身体的特徴~

・やせ型で華奢な体つき。背は高いか低いのどちらかの場合が多い。

・関節は付き出ていて鳴りやすいです。血管や関節が浮き出ている。顔や顎が細く、ゴツゴツした印象がある。

 

~体質~

・肌や髪が乾燥気味

・寒さに弱く冷え性の傾向がある。

・食は基本的に細く、不安定。

 

~性格的特徴~

・想像力が豊かでアイディアが次々と浮かぶ。

・芸術的なセンスがる。

・自由を好み、束縛を嫌がり、落ち着きがないところもある。

・新しいものや変化が好きで、順応性がある。

 

★不調は痛みや精神的な部分に表れることが多い。

心配や恐れの感情が出やすい。腸にガスが溜まりやすい。

 

 

●Pitta (ピッタ)

、水のエネルギーを併せ持つ。

~身体的特徴~

・中肉中背で、スタイルが良い人が多い

・関節が柔軟な人が多く、肌は柔らかくキメが細かく、脂性肌の傾向

 

~体質~

・白、もしくは黄色や褐色系の肌の色をしていて日焼けをしやすい

・髪質は柔らかく細く明るい髪色の人が多い。若白髪の場合がある。

・食欲旺盛で空腹になるとイライラしやすい。

 

 

~性格の特徴~

・野心家で、自信があり、強い信念を持つ。

・自分の目的を達成させるために強い集中力を発揮。

・情熱的で、勇敢、機転が利き、リーダーシップに優れ、話や行動に無駄がない。

 

★不調は、発熱や炎症系、感染病などの症状として現れやすい。

湿疹や蕁麻疹も出やすく、目が充血しやすい。

 

 

●Kapha (カパ):地、水

地、のエネルギーを併せ持つ。

~身体的特徴~

・肌が厚く、脂性で、ふくよかなタイプの人が多い。

・大きな骨格とがっしりした体つき。

・肌の色は明るく薄い人が多く、しっとりしている。

・髪は太く多く、しっとりして艶やか。

 

~体質~

・湿気に弱い傾向がある。

・食欲は安定していて、ゆっくり食べる。簡単に食事を抜くこともできる。

 

~性格的特徴~

・のんびりしていて落ち着いている。

・動作や話し方もゆっくり。

・新しいものを取り入れたり、挑戦することより、安定を好む。

・忍耐力がある。

・愛情深く献身的で、寛大さと穏やかさがある。

 

★不調はアレルギー性鼻炎、鼻づまり、気管支疾患といった症状で現れやすい。

 

 

【それそれのドーシャにおススメのヨガ&エクササイズ♬】

アーユルヴェーダの専門機関では、問診や、脈診などによって自分のドーシャを診断します。

どのドーシャが良い、悪い、という差はなく全部等しく持っていなければならないわけでもありません。

私たちは3つのドーシャのどれも持っているのですが、その割合は人によって異なります。

比率の多いドーシャがその人のドーシャになります。

人それぞれ心地よいバランスがあり、そのバランスがとれていることが良い状態と言われています。

ですが、季節による体調の変化や、心身の状態、個人の性質によって差が出てきてしまします。

また単純に『ヴァータ体質』『ピッタ体質』『カパ体質』という3タイプだけでなく

『ヴァータ・ピッタ体質』など複合型もあり、細かく分類すると10タイプあり、人によって様々です。

 

 

 

ちなみに私はヴァータ・ピッタ体質のようで、昔からいろいろな場所へ移動することが多かった私は、

あるアーユルヴェーダの先生に、

『移動が多いときは水分をいつもより多くとるように気を付けて。。。』

とアドバイスされました。

車、電車、飛行機などの移動は、ヴァータの風のエネルギーが強くなり、

ヴァータ気質が優勢になりドーシャが乱れるので、反対のカパ気質の水分を

多くとることでヴァータの乱れを防ぐのです。

 

 

 

こんな風に、それぞれのドーシャによって日常生活で気を付けると良いポイントがあるのですが、

今回は、最後にそれぞれのドーシャの適したヨガ&運動をお伝えします♬

 

 

また、お伝えするのは日常的に習慣として行う運動の目安のことで、

ドーシャによってはリラックスすることがオススメな場合もあるのですが、

カラダを強化することも大切ですので、そういったリラックスが必要なドーシャの場合の方でも

たくさん汗をかく運動やジョギングをしない方が良いというわけではありません

<(_ _)>

 

ですが、特に疲れているときは、自分の体質にあった運動を生活に取り入れることが、

カラダを整えることに役立ちます。

 

 

●Vata (ヴァータ)

常に活動的で動いているので疲れやすい傾向があり、

ヴァータが過度になると落ち着きがなくなってしまいます。

 

運動もジョギングなどの激しいものに惹かれることが多く、

カラダがクタクタになるまで熱中する傾向があるようです。

過度になり熱中しすぎてカラダを追い込んでしまうこともあるので、

適度に運動するように心がけると良いです。

 

自分でヨガをするときには、1つ1つのポーズのキープ時間を長くしてゆっく呼吸をすることがオススメです。

疲れたときは、ゆったりとしたやさしいヨガ・リストラティブヨガ・瞑想・陰ヨガをしてみるのが良いです。

ウオーキングや軽いサイクリングなどもオススメです。

 

※写真はリストラティブヨガ

ボルスター(ヨガで使う道具でクッションのようなもの)やヨガブロック、ヨガベルト、ブランケットなどの道具を使って

カラダを「ゆだねる」ことで身体的な緊張を緩和するヨガ

 

 

●Pitta (ピッタ)

情熱的で、ピッタが過度になると、感情的になりやすいです。

何かに挑戦することが好きなので、サッカーや野球、テニスなど勝ち負けのある競うスポーツが好きなことが多いようです。

 

ですが、競う気持ちが増えるとピッタが増加してしまいバランスが崩れるので、

ヨガをするときは周りの人と比べたり競ったりせず、ポーズの完成形にもこだわらず、

ゆったりとしたポーズがおススメです。

ヨガ以外ですと、一人で行える山登り、水泳などの運動量も多すぎず、少なすぎないものがオススメです。

 

 

●Kapha (カパ)

体力があるのですが、運動が苦手な人も多いかもしれません。

普段からあまり体を動かさないタイプですし、体の中に水分や脂肪がたまりやすいので、運動量は多めにした方がいいです。

ヨガも、リラックス系のヨガを選びがちですが、ゆったりした運動はかえってカパが増加してしまうので、

パワーヨガ・ヴィンヤサヨガなどの運動量の多い、よく動くヨガがオススメです。

体力があるので、持久力が必要なランニング、ダンス、ウエイトトレーニングなども向いているようです。

 

 

それぞれのドーシャのタイプで好みのヨガ・運動があるので、ご自分の好きなヨガや運動を楽しく行えばよいのですが、

例えばヴァータタイプの人は、いつも活動的なのでたくさん動くヨガを好んでしまいがちです。そうすると

更にヴァータが増加してしまいドーシャのバランスが乱れてしまいます。

ですので、疲れているときなど、ドーシャのバランスが乱れているときは、

自分と反対のドーシャの要素を取り入れてあげると良いです。

なので、ヴァータの気質の方は、ゆったりリラックスするヨガを取り入れてあげると良いのです😊

 

 

 

さて、前回から2回にわたってインドの医学・アーユルヴェーダについてお伝えしてきましたが、

少し、アーユルヴェーダについて知っていただくことができたでしょうか?😊

この他にもアーユルヴェーダでは、各々のドーシャにあった食事や日常生活の送り方などのたくさんの智慧があります。

アーユルヴェーダのいろいろな書籍も出ていますので、ご興味ある方は生活の一部にアーユルヴェーダの智慧を取り入れて

みるのも良いですね😊

 

前回のブログでお伝えしたアーユルヴェーダの講演会も

ご興味ある方は、アーユルヴェティカルオペレートさんまでお問い合わせください<(_ _)>

 

 

さちヨガのレッスンでは、今回のアーユルヴェーダの智慧や東洋医学など、

カラダに関わる様々なことも織り交ぜながらレッスンをしています。

カラダにとって大切な動きをたくさん取り入れたエクササイズやほぐしも取り入れながら

ヨガのポーズをわかりやすくお伝えしていきます。

 

ご興味ある方はぜひ体験レッスンにお越しください(^○^)/

円光寺教室

崎浦公民館

近江町交流プラザ

 

皆さまのご参加お待ちしております♪

お問い合わせはこちらまで(^v^)☟
☎   080-3315-2489
✉  sachiyoga33@yahoo.co.jp
HP   
http://sachiyoga-kanazawa.com/

 
Tags: / / / /
▲ページの先頭へ