ヨガの効果を解剖学的観点から見てみました♬~その②~ 

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、近江町いちば館、崎浦公民館、円光寺教室)でヨガ教室をやっています、さちです。

 

さて前回は解剖学的観点からの『ヨガの良いところ』の1つをお伝えしましたが、

今回はその第2弾です😊

 

 

【ヨガの良いところ・その2:インナーマッスルが働くことで眠っていた筋肉が目覚める♬】

ヨガの腕や脚を様々な方向に曲げたり伸ばしたり動かしながらポーズをとっていく動きによって

しなやかなカラダが作られていくのですが、そのメカニズムは相反性抑制によるもので、

この相反抑制について、詳しくは前回のブログをご参照ください<(_ _)>☟

ヨガってほかの運動とどう違うの?~ヨガの効果を解剖学的観点から見てみました♬~その①

 

このようにヨガをすることによって作られたしなやかなカラダは、

『伸張性・弾性のあるしなやかな筋肉』になっていきます。

 

真珠湾, ハワイ, ボディービルダー, ポーズ, 重量, ジム, 黒と白, 筋肉, 内蔵

例えばこのような伸張性・弾性のあるしなやかな筋肉の対照的な筋肉とはどのようなものかというと、
 
マシンを使ったり重いダンベルを持ったりするウエイトトレーニングを思い浮かべてください。
 
このようなトレーニングは、ヨガとは違って伸長した筋肉を収縮させる動作を繰り返すことで、筋肉を大きくしていくのですが
 
過度に行うと筋肉の柔軟性が低下し、過緊張を起こしやすくなると言われています。
 

 

 

そして、私が現在レッスンで取り入れている『体軸ヨガ』でもよくお伝えしていますが、

カラダの無駄な力みがとれるとインナーマッスルが自然と働きます。

※体軸理論での楽なカラダの使い方について詳しくはこちらをご参照ください<(_ _)>☟

http://sachiyoga-kanazawa.com/blog/karada_2019-04-28/

 

インナーマッスルが自然と働くと、過剰な筋収縮を起こさない筋出力のコントロールされたカラダの使い方ができるようになり、

これが無駄な力みがとれたカラダの使い方になります。

力みがある状態はアウターマッスルが過度に働いていて、本来発揮しなくてもよいレベルの筋出力でカラダを動かしている状態です。

なのでカラダは疲れてしまうし怪我もしやすくなります。

ヨガ, 女の子, ビーチ, 日没, 夏, 休暇, 女性, 人, 若いです, 水, 旅行, 海, ライフスタイル

 

ヨガの場合、自分の重み以上の負荷はかからないため、インナーマッスルがしっかり働けば、

基本のポーズの場合は本来、そんなに頑張ってポーズをとらなくても楽にポーズはとれます。

そのようなリラックスして力みのない安定した動きを取れるようになることが、

『本来の自分の筋力を使うことができるようになる』という意味で

眠っていた筋肉を働かせることで『筋力のアップ』につながるのです。

 

ですので、ヨガで立位のポーズやプランク(腕立て伏せのポーズ)などが楽にとれるようになったなぁ、、と感じるようになったら、

それは、きっと『本来ある筋肉を上手に使えるようになってきた』ということなのです😊

 

 

 

それでは、次回は最後、『ヨガの効果』の第3弾です。

最後は解剖学的観点からメンタルに影響を与えるヨガの効果についてお伝えしていきます☺

 

さちヨガのレッスンでは東洋医学やインドの医学・アーユルヴェーダの知識や

体軸ヨガやコアパワーヨガの理論など、

カラダにとって大切なエクササイズやほぐしも取り入れながらヨガのポーズをわかりやすくお伝えしていきます。

 
ヨガが初めてだったり、運動が久しぶりだったり、カラダが硬いと感じていたり、様々な理由で不安を感じている方でも安心してご参加していただけるようしっかりサポートさせて頂いております。
実際に、私の教室でご参加してくださっている方の9割が最初はヨガが全くの未経験の方でした。
皆さん、今では元気に楽しくヨガをされております☺
 
年齢性別も問いません。
現在小学生~80歳代の方までの男性・女性にご参加して頂いております☺
不安な方は『やさしいヨガ』のレッスンもありますので、
まずはそちらからご参加ください☺

 

 

※各教室の詳細はこちらから👇

円光寺教室

崎浦公民館

近江町交流プラザ

皆さまのご参加お待ちしております♪

お問い合わせはこちらまで(^v^)☟
☎   080-3315-2489
✉  sachiyoga33@yahoo.co.jp
HP   
http://sachiyoga-kanazawa.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Tags: / / /
▲ページの先頭へ