80歳になっても脳を成長させる方法♬

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、円光寺教室、崎浦公民館)でヨガ教室をやっています、さちです。

 

 

先日、土日にお休みを頂いて『アニマルフロー』というエクササイズのワークショップに参加してきました。

このエクササイズを知り創始者であるマイクフィッチの動画を観て『いつか私もこんな動きができるようになりたい✨』

と思ってから数年、いろいろなタイミングがちょうど良く重なって念願かなってようやく受講することができました。

(☟アニマルみたいになってみています。。)

 

 

アニマルフローはアメリカから日本にやってきた新しいトレーニングで、動物的な動きがあるのが特徴ですが、

ヨガの要素やブレイクダンスやパルクールやカポエラ、ハンドスタンドといったボディーワーク・スポーツ・ダンス・格闘技など幅広い範囲のエクササイズと動きのコンビネーションを含んでいます。そしてそれらは6つの構成要素からできており、多くのパフォーマンスの向上に繋がる内容になっています。

 

 

私は日頃、ヨガやピラティスを指導しており私生活ではロードバイクに乗っていますが、ダンスや格闘技などの動きは未経験です。

特にダンスは全くの未経験ですが、脳の瞬発力を使うダンスのようなエクササイズの要素は自分にとっては全くの未知の世界でぜひ習得したいと思っていました。

そして実は格闘技にもとても興味があります。(キックボクシングを少しだけやってみましたが、習得するには至っていません。。)

 

 

ということで、このアニマルフロー受講の一番の動機は、自分にとって習得したい様々なエクササイズの要素がたくさん含まれていて、

それが楽しく習得できる!ということでした。

もちろん、私がしっかり習得し、皆さんでもできるようなエクササイズに落としこんでレッスンに取り入れていくことで、

皆さんの運動パフォーマンスの向上につなげていきたいと思っています。

 

 

以前のブログでもお伝えしましたが、

私は年齢や環境に左右されることなく、いつでも夢や希望をもって様々なことにチャレンジし続けていきたいと思っています。

もちろん様々な理由でやりたいことがフルにできない時があるかもしれませんが、そんな時でもその時々でできる限りのことをやっていきたいと思っています。

 

だから自分自身の『したい』『やりたい』『たのしい』という欲求にできるだけ正直に生きることにしています。

そして、このアニマルフローの習得もそのチャレンジの1つです。

 

 

そして実はこの『したい』『やりたい』という欲求が脳を進化させるのだそうです✨

ということで今回のブログは、そんな脳の活性化についてのお話になります✨

 

 

 

 

 

【人の脳はいくつになっても成長させることができる】

人は、『記憶力低下の自覚』を45歳くらいから感じるとのことです。

放置すると脳の認知機能が落ちてきてある一定のレベルまで認知機能が下がると誰もが認知症になってしまいます。

(人間である限り認知症にならない脳はないとのことです)

ですのでできるだけ長く脳を成長させ続け、髙い認知機能を維持することが老化を抑えるためには重要になってきます。

そしてこの脳は鍛えることができるのです。

 

 

ではその脳を鍛える方法とは一体どのようなことがあるのでしょうか。。。?

次はその具体的な方法をお伝えしていきます。

 

 

 

【40歳を超えても脳を進化させる方法とは。。。。?】

40歳前後を境に衰えてくる脳を進化させる具体的な方法はいくつかあり、まず1つ目は

①『したい』『やりたい』という欲求を持つこと  です。

脳を成長させるために必要な事、それは人の『したい』『やりたい』という欲求とのことです。

欲求がなくなると人は衰え老化していくのだそうです。

実際に脳のMRI画像を見たときに『~したい』『~行きたい』などの欲求があまりない方の脳は活発な部分の範囲が徐々に狭くなり使われている脳の回路が狭くなっているそうです。

 

 

ですが、現代は様々な情報に溢れているため、様々な欲求を満たす情報が詰まっています。

ですから『本当に自分が欲しているもの』というものが何なのかがわかりにくくなってしまっています。

現代社会は子供のころから周りと同じ考え方や行動をするように教育されてしまっているため、本当の自分の気持ちに素直になれず、

『何が本物の欲求なのか』がわからなくなってしまいがちです。

私も以前はそうでした。

『本物の欲求』とは自分の気持ちに正直になって、

自分が本当に必要で、心地よくて、自分の内面から湧き上がってくる『欲求』です。

それを自分自身で見極めてそれに従って行動していくと脳も活性化されていくのです。

 

 

以前のブログでお伝えしましたが、

それがなかなか難しいと感じる方が多いと思います。

ですのでそういった方はまずはカラダを動かすことをオススメします。

いろいろとカラダを動かしていくことで心身が整い、本当の欲求を見極めることに繋がります。

以前のブログはこちらをご参照ください☟

http://sachiyoga-kanazawa.com/blog/what-is-true-energy/

 

 

そして私たちの脳は一つの動作を繰り返し続けていると何も考えなくても自動的にその動作ができるようになる回路が形成されます。

それが『脳の自動化』です。

この脳の自動化により慣れに任せて生活をしていると自動化された脳が勝手に動くだけなので、『新たな欲求』が生まれにくくなってしまいます。

ですので、いくつになっても新しいことにチャレンジしてみることは脳の自動化を防ぐのにとても大切です。

大きなチャレンジでなくても日常で当たり前になっていることを1つ変えてみるのもオススメです。

私は通勤で自転車を使っていますが、日によって通る道を変えています。それだけで新たな発見がありわくわくした気持ちになれます。

 

 

 

 

そして2つ目は

②自然と触れ合うこと   です。

自然は脳にとって最高に良いものだそうです。

これからの自分の能力をもっと高めたいと願う人がまず実践してほしいのが 『自然と交わること』だそうです。

人類は自然と共存し自然のサイクルに合わせて生きてきました。

『見る(視覚)』『聞く(聴覚)』『触る(触覚)』『味わう(味覚)』『嗅ぐ(嗅覚)』といった五感を駆使して情報を集めて自然界で生き残ってきました。

これらの五感を司っているのが脳で、五感を駆使することで脳は進化してきたとのことです。

五感を使って得る刺激こそが脳を成長させる唯一無二の存在とのことです。

ですので、ほんの少し空をみあげるだけでも、近所を散歩するだけでも良いので、虫の鳴き声や川のせせらぎなどの自然の音に耳を傾ける時間を持つことをオススメします。

 

 

 

3つ目は

③運動をすること です。

そして脳力を発揮するためには『動くこと』が大切だそうです。

実際に『中高年の方の運動不足がアルツハイマー型認知症の発症を4倍にする』ということが研究データとしてわかっているとのことです。

運動は激しくカラダを動かすものが良いというわけではなく、ウォーキングでも良いですし、ヨガも強度を変えてどの世代の方でも行うことできるのでオススメです。

私も普段から、お天気のときは自転車で川沿いや山麓などの自然の中をサイクリングしたり公園や川沿いでヨガやエクササイズをしていますが、

いつも心が穏やかで元気になります。

自然と触れ合うためにも、川沿いなどのウォーキングや公園でのヨガをオススメします。

そして 

現代社会は膨大な情報量で脳は常に刺激を受けていて休めない状況のため、

脳は 『鍛える』のと同じくらい『休ませること』も大切とのことです。

 

脳を使い続けていると脳は疲労していき、発揮できる能力が徐々に低下していきます。

一番の脳の休息はテレビやスマホのない自然の中で情報をシャットアウトすることですので、そういった時間を定期的につくることで、

自分の脳が最大限に発揮できる状況を整えてあげましょう。

 

 

 

 

【使っていない脳を活性化しよう♬】

そして、脳は80歳になっても成長し続けるとのことです。

ですが、人によってどの分野(思考系・伝達系・感情系など)をよく使っているかは違っているので、

自分があまり使っていない部分を刺激することで脳が強化&活性化されるとのことです。

 

ですので、

脳を成長させるためにも、
カラダの使い方に意識を向けながらヨガをすることは大切ですし(教室ではインナーマッスルを働かせるためのカラダの使い方を意識してもらっています)
今回のチャレンジ度の高いアニマルフローのようなトレーニングも
ぜひ皆さんにもチャレンジしていって欲しいと思っています。

このアニマルフローのエクササイズは皆さんにもできる形にしてレッスンに取り入れていく予定でいますので、

ぜひチャレンジされてみてください♬

(まずは私が試験に合格しないといけないのですが。。。。。。💦)

 

また、定期的に外で行うヨガやエクササイズの場も提供していきますので、

ぜひ一緒にさちヨガでカラダを動かしていつまでも元気で健やかな脳と心身を作っていきましょう♬

 

 

 

各教室の詳細はこちらになります☟(^○^)/

 

 

円光寺教室

もりの里教室

崎浦公民館

 

 
Tags: / /
▲ページの先頭へ