私が学び続ける理由♬

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、近江町いちば館、崎浦公民館、円光寺教室)で

ヨガ教室をやっています、さちです。

 

 

ようやく梅雨が明けて、夏本番のお天気になったと思ったら、

今週末の金沢は台風の影響で雨が降っています

(*´з`)

🌻が大好きな私は、

今からやってくる夏にワクワクしながら

台風が通過するのを待っています(^-^)

 

 

 

【講座を受けてきました(^O^)/】

さて、まだ梅雨空のお天気だった先週末、

私は講座を受けに東京に行っていました(^-^)

この講座は『体軸』を意識したカラダの使い方の講座で、

※体軸についてはこちらのブログをご参照ください<(_ _)>☟

無理なく楽にカラダを動かすことの大切さ~カラダをもっと楽に使おう(^O^)/~

 

数年ほど前から興味をもって勉強し始めて、

年が明けてから、毎月定期的に受講し、

本格的に学びを深めています(^-^)

 

 

このスクールでは、体軸を意識したカラダの使い方を

『ヨガ』と『ピラティス』

それから『内臓』や『筋膜』などなど、

様々な角度から学んでいきます。

 

 

たとえば、

今回、内臓からカラダへのアプローチについても学んだのですが、

私たちがカラダを良くしたいとき、

筋肉を鍛えたり、柔軟性をアップさせたり、

背骨の動きを意識するなど、

『筋肉』や『骨』からカラダにアプローチをかけることが

一般的かと思います。

ですが、この筋骨格以外の、内臓がカラダへ与える影響もとても深く、

内臓を整えてあげることで、カラダやココロも整うことがあるのです。

 

東洋医学においては、体調不良や病気は内臓

( 五臓 : 肝 ・ 心 ・ 脾 ・ 肺 ・ 腎 )

の疲れや不調が原因と考えられているのです。

 

※この感情とカラダと内臓の関係については

以前のブログをご参照ください<(_ _)>

講座を受けてきました(^^)~感情とカラダと内臓の関係~

 

 

 

【私が体軸理論を学んでいる理由(^.^)♬】

そんな中で、冒頭でもお伝えしましたが、

私は現在、『体軸理論』という、もっと人間の機能に着目した要素を取り入れたカラダの理論をヨガやピラティスという

ボディワークをベースに、学んでいます。

 

 

私がなぜこの体軸理論を学んでいるかというと、、、、
 
私自身がカラダの知識があまりないときに、がむしゃらにヨガのポーズの練習をしていて
 
ケガをした経験があるということ、
 
それから、ただ、何となくレッスンを受けていても、
 
なかなかカラダの調子が良くならなかったり、ポーズを深めることができない方もいらっしゃる、という現状があるということ、
 
そういったことから、カラダの正しい知識をしっかり持ってカラダの使い方を伝えることがとても大切で、
 
その正しい知識をたくさんの皆さまに伝えていきたいと感じているからです(^O^)
 
 
(※気持ちがよいから何となくヨガやピラティスを続けている。。。という続ける理由がダメといっているわけではありません<(_ _)>
続ける理由は何だってOKなのです!(^^♪ )
 
 
 
 
私たちは年齢や性別、生活環境、性格など人それぞれの特徴や状態があり、
 
同じようにポーズをとったりトレーニングをしてもうまくいく人といかない人がいます。
 
 
特に「カラダの調子を整えたい」という目的も持ってヨガやピラティスを始める場合、
 
しっかり自分のカラダに向き合ってカラダを動かさないと、
 
その効果はなかなか得にくいかもしれません
(^_-)。。。
 
 
 
そんな様々な人たちにあったアプローチを提案するためには、
 
身体的な要素(解剖学など)はもちろん、ヨガの歴史や背景、瞑想、ピラティスの考え方といったところから、
 
筋力トレーニングの知識、そして肉体以外のさまざまな分野(内臓や神経から食事など)をある程度理解しながら、
 
受けてくださる皆さまにわかりやすくお伝えして、自分にあった方法を見つけてもらう必要があるなぁ、、、と感じています。
 
(まだまだ学ぶことはたくさんありますね。。。。(;^ω^))
 
 
特に「体軸理論」は、カラダを整えるのにとても大切な理論と感じており、今も日々勉強を続けています(*^_^*)
 
 
 
 
 

【カラダを整える方法は1つではない(^^)】

『カラダを整える方法は1つではない』

私はそう思っています。

カラダをよくする方法はたくさんあって、

どれか1つだけが正しい、というわけではないし、

1つだけのアプローチでよくなるわけではない、

とも思っています。

 
まだまだ、理解しきれていないことが多い現状ではあるのですが、、、、
(;^ω^)
 

私ができる限りの

カラダを良くするいろいろな方法を、

これからも学び続けて、

それらをしっかり習得して、

ヨガ・ピラティス指導という自分のベースにさまざまなエッセンスを加えながら

できるだけたくさん、

皆さんにお伝えしていきたいと思っています(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

【カラダを脱力させる練習】

では、今回は最後に、

いろいろなカラダへのアプローチがある中で、

最も大切なことの1つ、『脱力』するための動きをご紹介したいと思います

(^^♪

前回のブログでもお伝えしましたが、

カラダの無駄な力を抜くことは、

とても大切で、

カラダは緩んでいるときに

強い力が発揮できます。

※前回のブログはこちらです☟

繰り返すことの大切さ♬

 

でも、脱力するって、本当に難しいです。

人は力を入れる方が上手だからです(^_-)

 

 

【どこでもできる脱力するための動き!】

なので、今回は、どこでもできる脱力感を体得できる

動きをご紹介します。

 

 

その動きは何かというと、、、

『跳ぶ(ホップする)こと』です\(^o^)/

 

 

ホップ(小さなジャンプ)は子供のころは自然と遊びの中でやったりしていたと思いますが、

大人になるとスポーツをしていないと

なかなかやる機会がないかもしれませんね。。。

 

久しぶりに跳んでみると、思いのほか跳べなくて(+o+)

びっくりされる方もいらっしゃるかもしれません。。。。

大人になっていくにつれて物理的、精神的な刺激のせいで

ヒトはどんどん緊張が高まってしまうからです。

 

 

 

 

 

【実際に小さく跳んでみよう(*´▽`*)!】

では、実際に一緒に小さく跳んでみましょう(^^)/

 

①膝はロックせず(ピーンとさせない)力を抜いて立ちます。

肩の力を抜く為に軽く腕を左右に振ります。

 

②最初はリズムととるような感じで少し揺れてみるだけでもOKです。

その感じに慣れてきたらほんの少し飛び跳ねるだけでよいので軽くジャンプしてみましょう(^^)/

③慣れてきたら少し高さを出してみて

跳んでみてもよいです(^O^)/

 

思っているより難しく感じるかもしれませんし、

最初はなかなか上手く跳ぶことができない方も

いらっしゃるかもしれませんが、

お時間あるときで良いので、気楽にやってみてください(^^♪

 

続けていると、何となく、脱力する感じがわかってきます(^^)

 

この小さく跳ぶホップ。

シンプルで、効果も抜群です(^^)/

1分くらい跳んでみると、カラダやココロの緊張が

自然ととれていきますよ~(^O^)/

 

 

さちヨガのレッスンでは、

ブログでお伝えした動きや

その他にもカラダをよくするたくさんのエクササイズを取り入れた

ヨガのレッスンになっております(^^)

ご興味ある方はぜひ体験レッスンにお越しください(^○^)/

 

各クラスの日程・詳細はこちら♪

もりの里教室

円光寺教室

崎浦公民館

近江町交流プラザ

 

皆さまのご参加お待ちしております♪

お問い合わせはこちらまで(^v^)☟
☎   080-3315-2489
✉  sachiyoga33@yahoo.co.jp
HP   
http://sachiyoga-kanazawa.com/

 
Tags: / / / /
▲ページの先頭へ