楽でキレイな姿勢になるには股関節を使おう♬

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、崎浦公民館、円光寺教室)でヨガ教室をやっています、さちです。

 

 

 

今回は、前回のブログの続き、

(※前回のブログはこちらをご参照ください<(_ _)>☟)

インナーマッスルが働くと楽にキレイに立てる♬

 

インナーマッスルを働かせて、楽にキレイに立てるカラダを目指すための2つ目のポイントをお伝えしていきます♬

 

 

 

【楽でキレイな姿勢になるには股関節を使おう♬】

楽でキレイに立てるための2つ目のポイント、

それは、股関節周りの筋肉を適切に使うことです。

 

股関節は、上半身と下半身をつなぐ体の中で最も大きな関節です。

丸い球関節のため、脚を前後・左右に広げたり、外側や内側に回すなど、さまざまな動作が可能な関節です。

 

股関節は両脚の付け根(鼠径部)の真ん中にあって、骨盤の丸い穴にはまっているため、

股関節が適切に使われると骨盤の前側にある大腰筋や大腿四頭筋(太腿前の筋肉)、後ろ側のハムストリングス(太腿裏の筋肉)、大殿筋(お尻の筋肉)、中殿筋(お尻の筋肉)のバランスが保たれます。

その結果、骨盤が正しい傾きになり、背骨も自然なS字カーブに整いやすいです。

逆に、股関節が適切に使えていないと股関節周りの筋肉(大腰筋、ハムストリングス、内転筋群(内腿の筋肉)、臀筋群)などがうまく機能せず、猫背や反り腰になってしまいます。

 

 

 

【股関節が使えていない人の特徴】

そして、股関節が適切に使えていない方の特徴として、

太腿前(大腿四頭筋)を過剰に使ってしまっていることがあげられます。

 
太腿前の筋肉(大腿四頭筋)は、股関節と膝関節にまたがっている二関節筋(にかんせつきん)という筋肉です。

主な役割は、膝を伸ばすことですが、太腿を持ち上げる股関節を曲げる動き(屈曲)の働きもあります。

 
股関節は大腰筋というインナーマッスルが働くことで安定しています。
 
 
ところが、太腿前を過剰に使ってしまうカラダの使い方になると、この大腰筋の働きを太腿前の筋肉(大腿四頭筋)がメインで行うようになってしまいます。
 
例えば股関節を曲げる動きは本来、大腰筋が最も重要な筋肉となるのですが、太腿前(大腿四頭筋)の筋肉がメインで使われてしまうのです。
 
 
そうすると大腰筋の働きが阻害され、股関節が不安定になってしまうのです。
 
 
 
 
 
また、太腿前(大腿四頭筋)の筋肉ばかりを使いすぎてしまうと、
筋膜で繋がりのある(アナトミートレイン)腹直筋や胸、首の筋肉なども
 
使いすぎてしまうため、猫背や反り腰などの不良姿勢になりやすいとも言えます。
 
 
 
 
【太腿前の筋肉以外の筋肉を使えるようにしていこう♬】

ということで、楽でキレイな姿勢になるには太もも前(大腿四頭筋)以外の筋肉を使いやすくする必要があります。

 
具体的には内腿(内転筋)や太腿裏(ハムストリングス)という筋肉です。

 
これらの筋肉を同時に使ってあげることによって太腿前の負担が減り、楽でキレイな姿勢につなげることができます♬

 

 

【太腿前の筋肉以外の筋肉を使えるようになるワーク(体操)♬】

ということで、最後は 内腿(内転筋)や太腿裏(ハムストリングス)を使いやすくする体操(※体軸コンディショニングスクールより)をお伝えします♬

 

①立った状態で、肩幅ほどに足を開き、脚の付け根(鼠径部)の真ん中に手を置きましょう。

 

②お尻を後ろに突き出すようにしてお辞儀をしましょう。(膝から曲げないように注意しましょう。)

③太腿裏の伸び感を感じたら、お尻を締めるようにして(坐骨を意識します)身体を起こしましょう。

 

④これを5〜10回ほど行いましょう。

 

 

 

 

ということで、今回は『良い姿勢』のポイント2つ目『股関節を使う』ことをお伝えしました。

次回は良い姿勢のポイント3つ目をお伝えしていきます♬

 

 

インナーマッスルを働かせて、楽にキレイに立てるカラダを目指しましょう♬

 

 

さちヨガのレッスンでは今回のブログのワーク(体操)も毎回取り入れています♬

また、この他にもインナーマッスルが働きやすくなるような様々なカラダの使い方もお伝えしています♬

 

運動が久しぶりの方でもどんな方でも、

本気でカラダをよくしたい方は

ぜひ体験レッスンにお越しください(^○^)/

(現在はもりの里教室のみ若干の新規の方のお申し込みをお受けしております✨)

 

 

ご参加、お待ちしております(^○^)/

円光寺教室

もりの里教室

崎浦公民館

 

 
Tags: / / /
▲ページの先頭へ