膝の力みは全身の力み~美しい脚になるにはまず立ち方から♬~

こんにちは。

石川県金沢市(もりの里教室、近江町いちば館、崎浦公民館、円光寺教室)でヨガ教室をやっています、さちです。

 

【膝の力みは全身の力み】

突然ですが、まっすぐに何の意識もなく立ってみてください♬

その時、膝はどのようになっていますか?

力が入って反ってしまっていませんか?

 

ヨガの基本の立ち姿勢でタダーサナ(山のポーズ)というのがあるのですが、 (ターダーサナについて詳しくは以前のブログをご参照ください<(_ _)>☟)

スリヤナマスカーラ(太陽礼拝)をマスターしてみよう😊その②~ターダーサナ~

この姿勢のとき、膝が『ぴーん』となってしまう方がいらっしゃいます。

これは膝に力が入ってしまっているのですが、

膝を伸ばす(伸展する)ときに使われる筋肉は太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)

で、膝を『ピーン』と伸ばしすぎていると、この大腿四頭筋が常に使われて

オーバーユースの状態になっています。

この膝裏に力を入れて立つ立ち方は、太腿前がオーバーユースになっていて、

脚の筋バランスが崩れた状態になっています。

この、膝を『ピーン』として立つ立ち方をしていると、

太もも前の筋肉(大腿四頭筋)とふくらはぎが発達した

たくましい脚になっていきます( ゚Д゚)!

☆バービーの足でわかりにくいですが、、、足が反った状態になっています。

※反張膝といいます。

 

そしてこの大腿四頭筋が過剰に使われると筋肉の繋がり(アナトミートレイン/スーパーフィシャル・フロント・ライン) でお腹(腹直筋)や胸(大胸筋)が硬くなります。

この胸の筋肉(大胸筋)は肩の筋肉(三角筋)や首の後ろの筋肉(僧帽筋)

とも繋がっているので、肩やお腹に力が入った全身に力が入った状態になってしま

うのです。

このように間違った下肢の筋バランスで立ったりしていることが、首や肩こりなどの原因の一つにもなります。

 

ですので、肩こりの解消などで肩を揉んだりしてほぐすことばかりでなく、

肩周りをリラックスさせるためには、

『膝』の力を抜くことが大切です。

このことは、数々の金字塔を打ち立てた元米大リーグ、マリナーズのイチローさんも同じようなことをおっしゃっていたようなので、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません☺

 

 

【膝裏の力を抜くための方法(^-^)】

ではどのようにしたら膝の力が抜けるのか。。。?

その方法は、、、、、 『軸の伸長』を意識する  ことです。

これは、私がレッスンで取り入れているファンクショナルローラーピラティスの基本原則の1つです。

軸の伸長とは、

重力に対してカラダを垂直に持ち上げるという、人としての根源的な機能を意識することなのですが

(※ファンクショナルローラピラティス基本原則より)

これは、抗重力筋(腸腰筋、多裂筋、ヒラメ筋など)という重力に逆らう筋肉がうまく機能していない状態では意識できないため

普段あまり運動をしていなかったり、不良姿勢の状態が続くと

この抗重力筋が衰えてしまいうまく機能しない状態になってしまいます。

 

ところが人には靭帯という関節のストッパーがあり、

抗重力筋が働かない状態でも、この靭帯というストッパーを使って立ってしまいます。

このような状態が、使ってほしい抗重力筋・インナーマッスルが働かず、

膝を『ピーン』として立っている状態であると考えられます。

 

 

 

 

【実際に軸の伸長を意識して立ってみよう♬】

それでは、実際に『軸の伸長』を意識して立ってみましょう♬

 

●まず、まっすぐ立ってみましょう。

●脇を締める(肩甲骨を下制させる)→指先を下に長く伸ばすようなイメージです。

●顎が上がらないように軽く顎を引いて顔を正面に向けた状態をキープしたまま、

天井に伸びるように頭を遠くへ押し出してみてください。

自分が操り人形のマリオネットの人形になったつもりで上からつりさげられているような感じ。

そして床からも引っ張られて足裏が付いているようなイメージです。

頭は天井へ、足裏は地面へ、という上と下に拮抗しあう力を作ります。

 

●最後にお尻の一番下にある骨(坐骨)触って、その坐骨を意識して立ってみましょう。座骨は太もも裏(ハムストリングス)や内もも(内転筋)にも付着していうるので下半身が安定します。

 

マリオネットになったようなイメージで頭は天井へ高く伸ばし、

坐骨から足裏で床を押すイメージです。

 

 

やってみるとわかりますが、

自然に背骨が伸びて膝も自然な状態で緩み、

下半身も安定します。

 

そうすると、自然に肩の力が抜けてカラダ全体の力みもなくなっていきます。

そして、太もも前やふくらはぎに負担がかからないことで、

憧れの美脚に近づきます(^-^)/

 

また、普段からカラダに力が入りやすいと自覚のある方は、

まず、ご自分の立ち方を意識してみてください♬

膝裏の力が抜けるようになると、自然と全身の力も抜けていきますよ♬

 

 

 

さちヨガのレッスンでは、東洋医学やインドの医学・アーユルヴェーダや

カラダに関わる様々なことも織り交ぜながらレッスンをしています。

カラダにとって大切な動きもたくさん取り入れたエクササイズやほぐしも取り入れながらヨガのポーズをわかりやすくお伝えしていきます。

 

ご興味ある方はぜひ体験レッスンにお越しください(^○^)/

円光寺教室

崎浦公民館

近江町交流プラザ

 

皆さまのご参加お待ちしております♪

お問い合わせはこちらまで(^v^)☟
☎   080-3315-2489
✉  sachiyoga33@yahoo.co.jp
HP   
http://sachiyoga-kanazawa.com/

 

 

 

 
Tags: / / /
▲ページの先頭へ